メインメニュー
トップ  >  対数の表記について

対数の表記について

数学で対数について勉強したときには,log xを底にした自然対数を示し,底が10の場合にはと書くと教わってきたはずです.これは,確かにその通りで,数学や理論物理学の世界ではただと表記すれば自然対数を示します.

しかし,実験科学や工学をはじめとした応用科学の世界ではは底が10の対数を示します.これを常用対数といいます.一方,自然対数の方はと表記します.

なぜこんなややこしいことになっているのかというと,自然対数の方が式を計算していくには便利であるのに対して,実際の値を求める(あるいは見積もる)ときには常用対数の方がずっと見通しがいいからだということが言えます.それぞれの分野でよく使う方を対数の普通の表記として用いているということです.

プリンタ用画面
友達に伝える


サイトマップ| リンク| このサイトについて
 
LOG IN    username    password